遺品整理を安心して頼める業者ガイド » 遺品整理と特殊清掃について

遺品整理と特殊清掃について

孤独死などの遺品整理に伴う特殊清掃の必要性

特殊清掃とは、孤独死や自殺、事故などで亡くなった人の部屋を原状回復するための清掃サービスを意味します。
遺体が放置された期間によっては腐乱が進み、寝具や床、場合によっては建物自体にダメージを与えてしまうことがあるのです。

特殊清掃サービスの基礎知識

特殊な状況で遺品整理をする必要がある場合、汚染物の廃棄や消毒消臭、そして壁紙や床板の貼り替えなどにも対応してくれるのが、遺品整理業者の特殊清掃です。

特殊清掃をするような状況だと、見た目の汚れや傷みだけをキレイにしても、臭いや菌、害虫などが残ってしまう場合があります。
そのための対処として、オゾン脱臭機を何時間も作業させたり、専用の薬剤で殺菌消毒したりするなど、普通のハウスクリーニングではできない特殊な用具や技術が必要となるのです。

特殊清掃の事例

遺体は搬出したとしても、汚損箇所をそのままにしておくと被害は拡大しますし、その間家賃が継続発生するのはいうまでもなく、清掃が完了するまでは電気や水道も解約するわけにはいかないでしょう。
こうした状況では、遺品整理業者の中でも特殊清掃を得意とするところに依頼して、できるだけ速やかに対処することが大切です。

特殊清掃と遺品整理の関係性・注意点

葬儀を終えたとしても故人が暮らしていた部屋を汚したままにしておいては、遺族としても落ち着かないもの。
特殊清掃の依頼者は、部屋がキレイになったのを見て、涙するケースも多々あるようです。故人の魂を浄化する意味でも特殊清掃によってきちんと後片付けすることが気持ちの区切りにもなるのだと思います。

特殊清掃と孤独死

賃貸物件を契約解除する際は原状回復するのが常識。故人が孤独死した場合も同様で、特殊清掃を依頼しないと簡単に原状回復することはできません。
近年はアパートやマンションに一人暮らしをしている高齢者も増え、孤独死などにより発見が遅れ、特殊清掃が必要になるケースが増えています。