遺品処理の方法

このページでは、処分する物品は最終的にどうなるのか、整理した後の遺品処理について紹介します。

どんな遺品処理の方法があるのか調べよう

一言に『遺品』といっても、その種類は多岐にわたります。そして、それぞれの品物に適正な処理方法が存在します。そこで、遺品整理業者がどんな処理法で対応しているのか、調べてみました。

どんな遺品処理の方法があるのか調べよう

遺品処理のリサイクルのイメージ 形見分けする品や一部遺族が手元に残す品を別にして、遺品整理で業者に処分を依頼した物品はその後、廃棄処分かリサイクルに回されます。

廃棄処分をする場合、ゴミの分別などと同様、適法に処理する必要があり、きちんとした遺品整理業者なら正しく処分してくれます。

リサイクルする物品については一部リサイクル品として販売されるものと、専門工場で資源としてリサイクルされる物に別れます。リサイクル品として販売されるものでも多くはあまり高い値段がつくわけではありません。

なお、パソコンやスマートフォン、手紙や手帳など個人情報が含まれる物品については、データを消去したりシュレッダーで裁断する方法や、お焚き上げをして情報漏洩しないようにしてくれるサービスもあります。

故人本人にしかわからない個人情報が遺品に含まれている場合もあるので、遺品処理が最終的にどうなされるのか、依頼する業者に確認しておくといいでしょう。

ココに注意したい!遺品処理に関連するトラブル

遺品処理に関連するトラブルとしては、悪徳業者だと適法に処分をしないケースもあるのです。

リサイクル品などをきちんと分別せず、まとめて不法投棄することで手間やコストを惜しんで儲けようする、そんな業者もいるので注意してください。特に大型の家電や家具は不法投棄するケースも少なくありません。

上で触れた個人情報の流出も注意が必要です。遺品整理業者の公式サイトを見れば、個人情報保護方針もしくはプライバシーポリシーに関する記述がきちんと掲載されているかわかるので、業者の企業姿勢のチェックはできます。

また、厳密にいえば遺品処理とはやや違いますが、遺品の中に紙幣や高価な物が混ざっていて、それをこっそり盗ってしまうというケースもあるようです。

へそくりなど故人にしかわからない場所に隠されている物がある場合、信頼できる業者なら丁寧に整理をする中で見つけてくれますが、作業が雑な業者だと注意が必要です。

こんな品物はどうすれば良い?主要な遺品処理の方法

遺品整理は、故人が生活していた全ての荷物が遺品として仕分けられ、処分されていく作業。多種多様な遺品の中でも、特にリサイクル品として主要となるのが「家電」「家具」「衣類」「趣味の物」の4種類です。これらはどのご家庭でも出てくるものですので、その処分方法についても知っておくと良いでしょう。

・家電の処分方法
「家電リサイクル法」に定められているエアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機は、メーカーに引き取ってもらうか、特定の引き取り場所に持っていきます。それ以外はそれぞれの自治体の行政サービスで、有料で回収してくれます。

・家具の処分方法
小さいものは分解し、金具などを分別することで普通の可燃ごみとして処分できる場合があります。大型の家具は、各自治体で有料の粗大ごみとして回収してもらいます。

・衣類の処分方法
着物など上質な衣類は、形見分けを行ってから処分するようにしましょう。処分は各自治体のルールにのっとって行い、リサイクルなど買取も処分法として挙げられます。

・趣味の物の処分方法
趣味の品物は、専門的になればなるほど素人には価値がわからず、処分が困難な品物の一つです。形見分けや買取が難しいものは、それぞれの形態や形状によって、粗大ごみや資源ごみとして処分を行います。最近ではフリマアプリなどを利用して、同じ趣味を持つ方に譲るケースも増えています。

「IT時代」だからこそ、デジタル遺品の処理にも注意

最近ではどのご家庭でも、パソコンやスマートフォンなどを利用されているかと思います。「IT時代」といわれるだけあって、通信だけでなく買い物や娯楽などを楽しまれている方も多く、だからこそ遺品にもそうしたIT製品が増えています。それらは「デジタル遺品」と呼ばれています。

故人のプライバシーがたくさん詰まった状態の「デジタル遺品」は、近年その処分の仕方などがとても注目されています。デジタル遺品と呼ばれる中には、「ネット銀行の口座」「FXや株の取引き」「SNSやブログ」「ゲームのアカウント」「ハードディスクに記録されたデータ」「CDやUSBなどのメディア」があります。

こうしたデジタル遺品の処分時に、一番困るのが、故人のこうした大切な情報の存在を遺族が誰も知らない、というケースです。亡くなったことを受けて、取引の停止やアカウントの抹消などを行わなければ、知らぬ間に負債が増えるなど金銭問題が起こりやすく、また遺産相続でもトラブルとなる火種となってしまいかねません。

遺品処理を業者に依頼する際に確認すべきポイント

遺品整理業者では、遺品の仕分けを行い不用品の処分も請け負ってくれます。遺族としては、遺品整理という大変な作業をお願いできるので、費用は掛かりますが負担が減って、しかも短期間で終えることができるのでメリットは大きいと思います。

ですが、やはり気になるのは、その遺品整理業者が、本当に信頼がおける会社やスタッフで、大切な遺品の整理や処分を任せてよいものかどうかという点でしょう。対応は丁寧か、料金は明確かの確認も大切ですが、依頼する際に必ず確認しておきたいのが、不用品の処分や買取に必要な許可証や認可証を所持しているのがどうか、というポイントです。

特に不用品を処分するのに必要な「一般廃棄物収集運搬業許可」と、買取をするのに必要な「古物商許可」の所持の有無は、必ず確認するようにしましょう。ただし、「一般廃棄物収集運搬業許可」は遺品整理業者が所持していなくても、業者が回収を委託している回収業者が所持していれば問題はありません。