適正な遺品整理料金か

このページでは、どの程度の費用がかかるか、また算出方法はどうなっているのか、遺品整理の料金体系について紹介します。

遺品整理は、適正な料金で納得できる依頼がしたい

遺品整理の費用は、基本サービスがリーズナブルであっても、有料のオプションなどで、どんどん高額になってしまう場合があります。適正と思える納得できる料金で依頼するには、どうしたら良いのでしょうか。

間取り別の遺品整理の料金目安をチェック

まずは遺品整理の料金目安として間取り別の総額がどの程度なるか、一覧表にまとめてみました。

間取り 遺品整理料金総額
ワンルーム 30,000~100,000円
1DK 30,000~120,000円
1LDK・2DK 50,000~250,000円
2LDK・3DK 90,000~420,000円
3LDK・4DK 120,000~680,000円
4LDK・5DK 150,000~800,000円

これには当日の作業費をはじめ、運搬費や事後の処分費も含まれています。料金の幅があるのは、遺品の分量や状況、建物の構造や設備によって金額が変動するから。

特に、ゴミが散乱している部屋や孤独死して遺体がしばらく放置されたいた場合だと、特殊清掃やリフォームが必要となって、上記の金額よりもさらに出費がかさむこともあります。

業者によって異なる遺品整理の料金算出方法

上では料金総額の目安を知る上でわかりやすいように、間取り別の金額幅を調べてみましたが、実際の作業費用を算出する方法は業者による違いもあり、主に以下の3つが挙げられます。

遺品整理する範囲の広さで料金を計算する方法

間取りだと同じワンルームでも平米数にはかなりの違いがあり、住居の広さという意味では実際に遺品整理を行う施工面積を計算する方法です。例えば、立法メートルあたりの単価が設定されていて、広さの分を掛けるわけです。広さのわりに物品が少ない場合は割高になり、物品が大量にある場合は割安になる傾向があります。

遺品整理で使うトラックのサイズと台数で料金を計算する方法

遺品の搬出に使うトラックが2t車なのか4t車なのか、そして台数は何台必要なのかによって料金が変わってきます。1台で収まりきらず、2台目にある程度載せないとならない場合、割高になります。かなり丼勘定的な面はありますが、見積もりに手間がかからないのが特徴です。

遺品整理する物品個々に料金を計算する方法

粗大ゴミの回収業者などに見られる方式で、遺品整理する物品ごとに1点いくらという料金設定があり、それらを合計した金額が遺品整理の総額になります。明細がクリアですし、物品が少ない場合は少額に抑えることができるのがメリット。

普通ゴミなどを自分たちで処分して、粗大ゴミなど手間がかかるものだけを業者に依頼する場合に適しています。

遺品整理の基本料金とオプション料金

遺品整理の基本料金に含まれるのは、一般的に遺品の仕分け、梱包、搬出。そして通常の清掃と、不用品やリサイクル品の処分など。作業員の人件費や車両代・ガソリン代なども含まれます。業者によっては後日の合同供養が基本サービスに含まれるケースもあります。

オプション料金となるのは、ゴミ屋敷のように汚れがひどい場合や、孤独死によって特殊清掃が必要な場合。作業当日、現場供養したいなら、それもオプションとなります。

基本サービスのようでも見積もり金額に大きく影響する要素もあります。もっとも顕著な例が積み込みに時間がかかる場合。

例えば、運搬用のトラックがすぐそばに駐車できない場合、何度も車を移動させたり、手作業で運ぶ距離が長くなることで料金に影響します。

戸建て住宅でも遺品整理する部屋が2階だったり、集合住宅でエレベーターがない上層階の場合、作業時間が増えるので、見積もり時にそれらは勘案されると思います。

これらは追加料金というよりは見積もり時に業者から提示されるものなので、ちゃんとした業者なら当日いきなり高額請求されるわけではありません。

料金が相場よりも安い遺品整理業者には要注意

公式サイトの料金表や見積もり段階の料金が相場よりも安い業者には注意をしてください。上でも触れたように、きちんとした仕事をする業者なら、現場見積もりで正確な金額を提示するので、作業当日や事後に追加料金を請求してくることはありません。

作業を依頼してしまってからではトラブルになりかねないので、見積もり段階で総額であることをしっかり確認するようにしてください。

見積もりが無料である点と、キャンセル料がかかるか、それはどのタイミングからなのかも、問い合わせ段階でチェックする必要があります。複数業者から相見積をとって比較するのが賢い業者選び。

そのため、見積もりが有料の業者は避けて、最終的に依頼する業者以外にはキャンセル料が発生しないように手配するのがおすすめです。

また、見積もりが相場より高い業者に依頼することはそうそうないでしょうが、これもボッタクリである可能性が高いので注意してください。相場料金でも遺品の取扱は丁寧で、物品も適法に処分してくれるもの。

高額な遺品整理だからといって、特別なサービスを提供してくれるわけではありません。

遺品整理は不用品回収や引っ越しに比べると、作業内容が違うためある程度料金がかさみますが、特殊清掃をする場合でもなければ、相場料金で収まります。

訪問見積もりはなぜ取ったほうが良いのか

遺品整理の見積もりを取る際は、訪問見積りをしてもらうのがベストです。遺品整理業者によっては、電話やメールだけで見積もりを出してくれるところもありますが、どうしても、実際の遺品の量や現場の状況などを見て見ないと細かな様子は判りづらいもの。最終的な支払いになって、こんなはずではなかった、というトラブルが起きやすくなってしまいます。納得のいく正確な見積もりを受け取るためには、やはり現地に訪問してもらい、見積もりを取ることがおすすめです。

また訪問となると料金がかかるのでは、と危惧される方もいるかもしれませんが、遺品整理業者のほとんどは無料で行っています。また、正確に見積もってくれるメリットの他にも、実際に作業員が出向いてくれますので、そのスタッフの対応の様子から業者自体の信頼度が図れることも、訪問見積りをお願いするメリットでしょう。

中には、訪問見積りに訪れたスタッフが、そのまま専任スタッフとして最後まで担当してくれる「専任制度」を取っている業者もあるので、ますます訪問見積りの有用性が高くなっているといえます。

依頼料金を抑えるために出来ること

遺品整理にかかる費用は、なるべく抑えてお得にしたいと考えている方は多いと思います。そのために、なるべく予算に沿った見積もりを出してくれる業者を選ぶ、というのも大事ですが、それ以外にも遺品整理費用をよりお得にするためにできることというのがあります。

・遺品の量を減らしておく
遺品整理業者が見積もりを出す時、整理する遺品の量も金額に大きく影響します。そのため、訪問見積りを受ける前に、自分でゴミとして出せるものは先に出して、量をできるだけ減らしておくと良いでしょう。もちろんゴミとして処分するだけでなく、買取業者やフリマアプリなどを利用するのも良い方法です。ただ、財産分与や遺産相続にも関わってくる場合があるので、遺品の処分は親類に相談してから行う必要があります。

・買取サービスのある業者を選ぶ
遺産整理を行うのと同時に、処分する不用品の中から買取査定を行ってくれる遺品整理業者もあります。その場合、買取金額が見積り料金から値引きされるので、費用の減額が可能となります。少しでも料金をお得に遺品整理を依頼したい、と考える方は、買い取りサービスを行っている遺品整理業者を選ぶことをおすすめします。

時間に余裕があるなら相見積もりを取ろう

自分が納得できる遺品整理サービスが受けられるかどうかは、遺品整理業者選びにかかっているといっても過言ではありません。もしも時間に余裕があるのでしたら、複数の遺品整理業者に相見積もりをとるのも、納得の業者選びにはおススメの方法です。

複数の業者に訪問見積りを出してもらうことで費用の比較ができますから、料金を安く抑えるためにメリットは大きいはずです。無料の訪問見積りを行っている業者を選べば、費用もかかりません。ただその場合は、見積りを依頼する業者に「相見積もりを取りたいですが、大丈夫ですか?」と確認をとるのがマナーです。その際こちらから、相見積もりとなる他の業者の名前を言う必要はありません。

また、相見積もりの最大のメリットである比較を明確にするため、依頼内容は同じにするのも大切です。訪問見積りのスケジュールは、各社の訪問時間がかぶってしまわないよう気を付けましょう。