遺品整理・片付け

物理的にも気持ち的にも大切な遺品整理

亡くなった人の残した荷物「遺品」を、残された身内が片付けていくのが「遺品整理」です。物理的だけでなく、遺族の気持ちの整理にも大切な「遺品整理」はどのような作業なのかについて、ご紹介していきます。

専門業者だから頼りになる遺品片付け代行サービス

遺品片付けで利用できる遺品整理サービスのイメージ 身内が亡くなった場合、その遺品を片付けることになりますが、本人がいない状況での片付けは普通の不用品処分とは違う面が多々あります。

そんな時に頼りになるのが遺品整理というサービス。専門業者が整理・片付け・清掃・処分などに対応してくれます。この遺品整理というサービス内容は主に以下の3つに分けることができます。

遺品の仕分け

本人不在の状況で、その所有物などを整理しますが、その際に残しておく物、形見分けとして関係者に贈る物、そして不用品として処分する物を分類する必要があります。

遺品の分量が多かったり、住まいが遠方だったり、遺族でも容易に整理できないような場合、専門業者に依頼することで時間と手間を軽減できるというわけです。

遺品の搬送・配送

仕分けした遺品はそれぞれの目的に応じて搬送します。形見分けなどで複数の配送先を指定したい場合も業者に相談できます。

遺品整理後の後始末

遺品を運び出した部屋の清掃、不用品の処分など、事後の処理も専門業者に依頼できます。特に故人が賃貸物件に住んでいた場合などは原状回復する必要があり、プロの手を借りるのが賢明です。

遺品片付けにおける物品や対処方法など

故人の遺品といった場合、一般的には遺産の中でも動産を意味します。故人が日常的に使っていた衣服や生活雑貨、家電や家具などは誰しもがイメージできるところ。

日記や手紙、通帳などプライベートな物も遺品となり、こういった記録的意味合いがあるものは1~2年程度保管しておくのがいいでしょう。

また、故人の愛用品を親交の深かった人たちに贈ることを形見分けといい、これらも遺品整理の際に分類しておきます。

なお、上でも触れましたが、故人が賃貸物件に住んでいた場合、できるだけ速やかに部屋を明け渡す必要があります。そのため、短期間で物品の整理から清掃まで対応してくれる遺品整理というサービスが欠かせない存在となります。

遺品整理を依頼する最適なタイミングとは?

遺品整理には、単に荷物を片付けるというだけではなく、相続の問題や縁故者への形見分け、財産分与など、様々な問題が含まれた作業となります。実は遺品整理には、決まった時期や期限はありませんが、こうした問題やお住まいが賃貸物件だった場合、ご遺族の事情などによって、早目の完了が求められるケースも少なくありません。では、そんな遺品整理作業を専門の遺品整理業者に依頼するとしたら、どんなタイミングが一番適しているといえるのでしょうか。

宗教によっても異なりますが、一般的に遺品整理は四十九日の法要が終わってから、といわれています。ですので、そのころに遺品整理をお願いできるよう、業者に依頼するのが最も最適なタイミングといえるかもしれません。
一軒家であった場合は、ご遺族の気持ちが落ち着いてからでもよいと思いますが、賃貸物件の場合は引き渡し期日がありますので、その点も注意して依頼をするタイミングを決めるとよいでしょう。また、引っ越しシーズンや大掃除の時期、土日祝日など、ごみ収集が集中するような時期はできたら外した方が良いでしょう。

ご自身で行う遺品整理が挫折しがちな理由

遺品整理をご遺族の方がご自身で行う場合、途中で挫折してしまうケースも少なくないようです。それを裏付けるように、故人の大切な遺品だから自分でやりたいと手を付けてはみたものの、こんなにつらくて疲れるものだったとは…!という声が多く寄せられているのです。ご自身で行う遺品整理が挫折しがちな理由としては、下記のようなものが挙げられています。

・整理をしなければならない荷物が多すぎる
・故人の遺志がわからず要る物・いらない物の判断ができない
・遺品だと思うと心情的に処分しにくい
・孤独死などで部屋の状態が酷く、特殊な作業が必要
・整理しようと思うが体が動かない

以上の理由を見てみると、やはり遺品整理は一般的な片付けとは全く違うものだということがお分かりいただけると思います。精神的な面はもちろん、体力面でも大きな労力を要しますし、まして特殊清掃が必要な場合はその分の費用負担が加算され、経済的な負担も加わります。お身内を亡くされ悲しみもまだ十分に癒えないうちに手を付けなければならないケースもありますから、どうしてもつらさが増してしまい、挫折してしまうのもうなづけます。

遺品整理業が注目されているのはなぜ?

遺品整理は時として遺族に大きな負担となってしまう作業になってしまいます。これを助長させているのが、高齢化や少子化、核家族化などが進んでいる、現代の社会構造そのものだといわれています。一昔前でしたら、家族が大勢で一緒に暮らしていたため、故人の遺品整理は遺族が行うことが一般的でした。ですが現代では、親と離れて遠方で暮らしているケースも少なくありません。高齢者だけの世帯というのも増加傾向にあります。また、少子化問題もあり、遺品整理をしてくれる遺族がいないというケースも、増えつつあります。

かつては遺品整理は遺族が行うことが一般的でしたが、このような現代社会において、遺族だけで遺品整理を行うのは、非常に困難になっているのが現状です。こうした時代背景のもと、遺族の代行として遺品整理を行う、プロの遺品整理業者が注目を集めているのです。

遺品整理の口コミ体験談

  • 身寄りのなかった叔母の遺品整理を行いました。一人で質素な暮らしをしていたので、それほど多くないと思っていた遺品も、整理を始めると結構時間がかかりました。でも、思い出の品などを見ては感激したりできたので、時間のある方はゆっくりと整理されると、亡くなった方もきっと喜ばれるのではないかと思います。
  • 遠方で独り暮らしだった父が亡くなり、兄は海外在住で私も仕事があったため、遺品整理はプロの業者に依頼することにしました。最初は不安もありましたが、現地見積りの段階から対応が丁寧で、作業当日も進捗状況を丁寧に報告していただけたので、遠方にいながら安心してお任せすることができました。
  • 疎遠になっていた父に、孤独死を迎えさせてしまいました。高齢男性の一人暮らしだった実家はかなり荒れており、どこに何があるのかもわからない状態。でも、依頼した遺品整理業者の方が貴重品を探し出してくださり、家もピカピカに清掃してくれました。綺麗になった部屋を見て、少し救われたような気がしました。