生前整理

元気なうちに身の回りを整理する「生前整理」

高齢化社会といわれる現代では、自分の死後のことを考えて準備をする「終活」という考え方が定着してきました。遺品整理もその一つで、元気なうちに自分で整理する「生前整理」が注目されています。
ここでは生きているうちに身辺を片付けておく生前整理のメリットや方法などを紹介します。

終活の一環として自分で手配する生前整理とは

生前整理のイメージ 生前整理とは生前に遺品整理をすること。生前贈与や生前葬なども周知されてきた昨今、自分の死後を想定して準備をしておくことはけして悲観的なことではありません。生前整理といった場合、物品の整理だけなく、遺言書やエンディングノートの作成なども含めた身辺整理全般を指します。

遺品整理との違いはもちろん自分で手配できることですが、それ以外にも相続に関連する無用なトラブルを避けたり、家族の負担を軽減できるといったメリットがあります。

きっかけとしては持ち家を処分して老人ホームに入る時、子供たちが独立して小さい家に引っ越す時など。形見として残したい品を自分で仕分けできますし、引っ越しと合わせて身辺整理をしておけば、終活も身軽にできるというものです。特に高齢者にとって引っ越しは体力的にも負担が大きく、こうしたタイミングで専門業者に依頼すれば、効率的な整理ができます。

生前整理を始める際のポイント

自分で整理できるのが生前整理のメリットですから、着手する時は自分でないと仕分けしにくい物から始めるのがポイント。例えば、アルバムや写真、手紙など個人性の高い物。衣類や装飾品、趣味のグッズ、本など本人以外には価値が計りにくい物も該当します。一方、日用品や家具、家電など亡くなれば明らかに不用品となる物は優先順位を下げてもいいでしょう。

また、不動産や各種資産、保険などの整理では公正証書の手配なども含めて法律の専門家に相談する必要も出てきます。

生前整理と老前整理の違い

身辺整理という意味では老前整理もあります。こちらは死後のためではなく、自分のためにする整理で、体力気力が衰える前に不用品などを処分して、生活を身軽にするというもの。断捨離とも通じるもので、定年後に夫婦二人だけで生活をスタートするタイミングなどで整理するケースが見られます。

老前整理も物品だけでなく資産運用や保険の見直し、健康管理などをトータルで検討する傾向があります。

遺品整理を「生前予約」する方も増えている

急速な高齢化が進む半面、少子化や核家族化で死後遺品を整理する人が少なく負担が大きい、という社会背景も関係し、自分が死んだ後、残された人にそう言った負担はあまりかけたくない、また身寄りがないのにどうなってしまうのだろう、という不安を抱えている方が意外に少なくありません。そこで、未来の安心のために「遺品整理の生前予約」をされる方が、近年増えてきているそうです。

「生前予約」とは、文字通りまだ元気なうちに、自分の死後の遺品整理を専門業者に予約しておく、ということです。遺品整理の生前予約を依頼すると、まず依頼した遺品整理業者のスタッフが見積りのため来訪し、家の間取りや家財・荷物の状況を見て見積りを行います。これら一連の流れは、通常の遺品整理と同様の手順となります。

遺品整理を生前予約するメリットは?

遺品整理を生前予約すると、いくつかのメリットを得ることができます。中でも最大のメリットが、いざ遺品整理となった時に、残された遺族の手間を大幅に省くことが可能となるということ。大変になる遺品の仕分けもすでに終わっているわけですから、遺族の方が面倒な片付けなどに煩わされることはありません。

また、遺品業者によっては搬出作業だけでなく、本人の意思によって決めたとおり、形見分けの宅配や分配もしてくれますので、残された遺族が形見分けに悩むといったことも避けられるでしょう。また業者にお願いすることで、自分で行う生前整理をどのように行っていったらよいかなど、プロの目から見たアドバイスを受けることができるのも、メリットの一つといえるでしょう。

「エンディングノート」の書き方と注意点

残される家族のことを思って、遺品整理の生前予約など色々準備をしていても、そうしたことが肝心な家族に伝わっておらず、役立てることができなかった、というトラブルもあります。そこで活用できるのが「エンディングノート」です。

エンディングノートは、自分史や葬儀の希望、連絡をしてもらいたい友人知人のことなど、終活に関わる様々なことを書き留めておくノートです。この中に、生前予約のことも書いておき、見積書や契約書も一緒に挟んでおくと良いでしょう。もちろん、遺族の方がエンディングノートの存在を知らなければ、本末転倒となってしまいます。ご家族の方には、エンディングノートの存在や保管場所を、必ず伝えてください。

またエンディングノートには、銀行や保険に関することなど、死後に手続しなければならないことなど、非常に大切な情報を書き留める方も多いでしょうから、保管には十分注意しなければなりません。パスワードや暗証番号など不正利用されたら大変なものは、エンディングノートとは別に管理するのもおススメです。

生前整理の口コミ体験談

  • 子供たちが結婚や就職ですべて独立したのを機に、妻と話して「使っていないものを残しておくより処分したほうが良いのでは?」という結果に至り、生前整理を行いました。処分することに多少戸惑いもありましたが、買い取ってもらったお金で子供たちに送金すると喜んでくれましたので、やってよかったと思いました。
  • そこまで財産はないけれど、死後に遺産相続で揉めてほしくなかったので、元気なうちにと思って生前整理を始めました。税金や相続についてなどは、専門業者の相談窓口でアドバイスを受けながら行いましたが、意外に簡単に取り組むことができました。残される家族に方向性が示せたので、嬉しかったです。
  • 親戚が遺産相続で苦労したのを目の当たりにしたので、私の家族にはそういったことをさせたくないと思い生前整理をすることにしました。死後にトラブルが起きないためには、目に見える形にして意志を示すことが大事だと知り、財産の割り振りや葬儀の段取りなどに対する思いを、エンディングノートに残すことにしました。