遺品整理を安心して頼める業者ガイド » 遺品整理業者に依頼できること

遺品整理業者に依頼できること

このカテゴリーでは、具体的にどんなことが依頼できるのか、遺品整理業者の対応サービスを紹介しています。

遺品整理業者が提供するサービスとは

身内が亡くなった時、残された遺族が行わなければならない作業の一つが「遺品整理」です。この作業を遺品整理業者に依頼した場合、どのようなサービス依頼することができるのか、ご紹介しましょう。

遺品の不用品回収

遺品整理を行っていると、当然ですが不用品も出てきます。遺品整理業者のサービスには、こうした不用品の回収と処分もあります。不用品の回収・処分は、不用品回収業者などでも行っていますが、遺品整理業者の不用品回収サービスでは、処分してしまう不用品であっても遺品として丁寧に取り扱ってくれます。遺族の気持ちに寄り添った対応が受けられるのも、遺品整理専門業者だからこそと言えるでしょう。

生前整理

近年では自分の死後のことを元気なうちに決めておく「終活」や、一人暮らしなどで身近に身内がいない方などが、身の回りの品物を整理する「生前整理」を希望するケースが増えているそうです。ニーズの高まりを受け、多くの遺品整理業者でも、「遺品整理」だけでなく「生前整理」に関するサービスの提供を行っています。生前整理とはどのように進めていったらよいのかなどのご相談から、一緒に整理作業を行ってくれるサービスもあります。

遺品整理・片付け

遺品整理・片付けは、遺品整理業者が提供するサービスの中で、最も中心となるものです。遺族の方の代行として、故人が残された遺品を「残しておくもの」「形見分けの品」「処分する不用品」に仕分けをし、最後に部屋の清掃を行って遺族の方へ引き渡すまでが、一般的な遺産整理のサービス内容となっています。ここでは、そんな遺品整理業者のサービスの一つ、「遺品整理・片付け」がどのようなものかについて解説しています。

遺品供養・合同供養

遺品は、故人が使用していたり大切にされていたものですので、ただ捨てるのは忍びない、と思われる方は多くいらっしゃいます。遺品整理業者ではそうした遺族の想いに対応し、遺品の供養を行うサービスも提供しています。供養の方法としては、お寺や神社で複数の遺品と一緒にご供養をしてもらう「合同供養」と、現場に訪問して行う「現場供養」の2種類があり、ご遺族の希望によって選択できるようになっています。

遺品買取

不用品となる遺品の処分方法として、買取サービスを提供している遺品整理業者もあります。遺品整理業者に遺品の買取を依頼する場合、遺品整理と買取が一度にできるため、遺族の方の時間的負担が少なくて済む、というメリットとがあります。また買取で発生した金額を遺品整理費用に反映して、費用の減額に役立てることができるのも、遺品整理業者で買取を行ってもらう大きなメリットと言えるでしょう。

家解体

ご両親が他界されたことで、実家に住む人がいなくなり空き家になってしまう、ということも珍しくはありません。その際、老朽化した実家の解体を検討されるご遺族も多いようです。遺品整理業者の中には、こうした建物の解体にも対応してくれる会社もあります。遺品整理から家の解体まですべて1社で対応している業者を選ぶことで、遺族の方の時間的・身体的な負担は大きく軽減されることになります。

遺品整理、自分で行う?プロに依頼する?

遺品整理を行わなくてはならなくなった時、遺品整理を自ら行うべきかどうか、迷う方もきっと少なくないでしょう。その理由として、整理すべき遺品が大量にある場合や、遠方に住んでいて遺品整理に通うのが困難な場合などが挙げられます。
それでなくても、身内を亡くされたことで、精神的にも大きな負担がかかってきますので、なかなか遺品整理まで気持ちがついてこない、ということもあると思います。

それでもやっぱり自分でやりたい、となった時は、無理をせず時間をかけて整理していくんだという心構えを持ちましょう。ですが、親類への遺品整理の通知や形見分け、相続税についてなど、おろそかにすると後々トラブルとなることも多々ありますので、無理だと思ったら迷わずプロに相談するのが賢明です。

遺品整理をプロに依頼する際、意識しておくと良いこと

遺品の量が多い、遠方に住んでいるなどで、自分で遺品整理をするのが困難な場合や、短期間で遺品整理を終わらせる必要がある場合などは、プロである遺品整理業者に依頼することがおススメです。業者に依頼をする際には、これは絶対に取っておいてほしいものなど、遺品に関する要望を意識してまとめるようにしておきましょう。
そうした要望をはっきりと業者に伝えることで、遺品の仕分けや処分に関するトラブルを回避することが可能となります。

また、費用に関しても同様のことが言えます。見積書など費用に関してわからないことは、面倒に思わずに納得いくまで業者に質問し、確認していくよう意識していきましょう。こうした点を意識して、業者とのコミュニケーションをとっていけば、後悔のない遺品整理が叶うことでしょう。