遺品整理を安心して頼める業者ガイドTOP » 遺品整理と特殊清掃について » 特殊清掃の現場

特殊清掃の現場

このページでは、高齢化社会と孤独死の増加など、特殊清掃の必要性が高まっている背景などを紹介します。

現代の孤独死の増加が特殊清掃の需要を生んでいる

孤独死による特殊清掃のイメージ特殊清掃が必要となるケースで近年顕著なのは高齢者の孤独死が増加している点にあります。

例えば、東京23区でみた場合、10年ほど前と比べても孤独死が1.4倍程度に増えているというデータもあります。

また、ある統計によると孤独死の年齢は男性で65~69歳がピーク、女性では85歳前後がピーク。男性の場合は定年退職後の60代で孤立し、女性は夫が先立つことで孤立するというわけです。

もちろん、近年はより若い世代でも生活困窮や社会から隔絶されることで孤独死するケースが増えています。

賃貸物件オーナーにダメージとなる孤独死

孤独死をしなければならないような境遇の場合、肉親や縁故者もいない、もしくは連絡がとれないケースで、ダメージを受けるのはその賃貸物件のオーナーといえるでしょう。

実際に自分の所有物件で孤独死に遭遇したケースは5%程度ともいわれていますが、不安を感じるという割合になると約80%にも上り、高齢化社会がより進行していく日本において、もはや孤独死は避けては通れない社会問題ともいえます。

賃貸物件で孤独死が起きてしまった場合、遺族がいたとしても費用負担などを避けるために相続放棄することも少なくありません。

その対策として、物件オーナーは原状回復費用や未収家賃の補償となるよう保険に加入するといった対策もなされています。

ただし、実際に孤独死があった部屋は特殊清掃で原状回復したとしても、事故物件として借り手が見つけにくくなり、空室が続いたり家賃を値下げせざるを得なくなるといった実害にもつながります。

部屋の損傷をできるだけ抑えるという意味では、警備会社のサービスを利用したり、清掃業者や設備点検業者によるまめなチェックによって、異変があった場合にスピーディー対応するといった対策が現実的かもしれません。

 
pagetop
遺品整理を安心して頼める業者ガイド