遺品整理を安心して頼める業者ガイドTOP » 遺品整理業者の選び方のポイント » 供養プランの有無

供養プランの有無

このページでは、故人の愛用品を供養してくれる遺品整理業者のサービスとはどんなものかを紹介します。

思い出の品々を供養してくれる遺品整理の付随サービス

遺品整理の供養のイメージ遺品整理では故人の愛用品をそのままゴミとして処分してしまうのではなく、きちんと供養してくれるサービスも用意されています。方法としては現場供養合同供養(共同供養)の2種類。それぞれの概要を説明しておきましょう。

遺品整理に伴う現場供養

遺品整理をする現場に僧侶を招いて、遺族も立ち会いで故人の愛用品などを供養します。故人が生前、寝起きしていた部屋で、身の回りの品々を供養することで、片付けとともに遺族の心にも整理がつくというわけです。

現場供養は遺品整理業者が僧侶の手配をしてくれますが、これは基本サ-ビスではなく、希望する場合に依頼できるオプションとなります。

迅速な対応がおすすめの遺品業者5選はこちら>>

遺品整理に伴う合同供養(共同供養)

合同供養は遺品整理に際して供養したい品々を一旦、遺品整理業者に預けて、後日複数の依頼者分をまとめて供養するもの。

こちらは業者の施設などで執り行われ、僧侶を招いての合同法要となります。遺族の立ち会いも可能で、業者の中には基本サービスに含めているところもあります。

遺品整理で供養される割合の高い遺品

遺品整理で供養される遺品は全般的に故人の肌に触れる物や趣味の物、人形などが多いようです。衣服は古くから着物が形見分けとされていたように、故人の魂が宿るという考え方に基づくもの。

眼鏡指輪ネックレス時計など身につける物や、寝具も供養されることがよくあります。

また、人形ぬいぐるみなど思いが深そうな物も依頼が多いようです。

遺品整理業者を選ぶ際はきちんとした供養プランがあるか確認する

遺品整理業者の中でも僧侶を招いてきちんと供養してくれるところは、それを対応サービスとして公式サイトで明示しています。

合同供養は基本サービスに含まれるのか、別途料金がかかるのかなどは業者によって違いがあるので、見積もりでもしっかりチェックしてください。

現場供養となると、僧侶のスケジュール調整なども含めて、寺院と信頼関係のある業者でないと難しいので、供養プランがきちんとしている業者なら、遺品を取り扱う企業として信頼がおけると思います。

 
pagetop
遺品整理を安心して頼める業者ガイド