遺品整理を安心して頼める業者ガイドTOP » 遺品整理業者に依頼できること » 遺品供養

遺品供養

このページでは、愛用品などを弔う遺品整理の現場供養や合同供養について説明します。

現場供養と合同供養の違いとは?遺品整理の供養手段

遺品整理の合同供養のイメージ故人が使っていた品々を片付ける遺品整理では、専門業者が遺品の供養にも対応してくれます。遺品整理の供養には合同供養と現場供養とがあり、その違いを整理してみましょう。

遺品整理の現場供養とは

文字通り遺品整理をする現場に僧侶が出向いて供養をしてくれるサービス。基本サービスとは別料金となるのが普通ですが、孤独死や事故死など現場で故人が亡くなった場合に依頼するケースが多いようです。

遺品整理の合同供養とは

遺品整理業者が複数の依頼者からの遺品をまとめて供養するサービス。遺品整理の作業日とは別日に、業者側が手配した場所に僧侶を呼んで供養を行います。遺品整理の基本サービスに含まれるケース、遺品が一定量まで無料のケースなどがあり、中には遺品整理とは別に合同供養だけをサービスとして提供している業者もいます。

遺品整理における合同供養の流れ

遺品整理の依頼と合わせて合同供養を依頼する場合、その流れは主に以下のようになります。

  1. 合同供養の申し込み
    遺品整理を申し込む時、合同供養も希望するなら同時に申し込みをしておきます。
  2. 合同供養する遺品の管理
    遺品整理の当日、合同供養する物品は仕分けして供養当日まで業者側で保管してもらいます。
  3. 合同供養当日
    所定の場所に出向いて、僧侶による供養を行います。合同なので複数の依頼家族などが参加します。
  4. 合同供養後の遺品の処分
    供養を終えた遺品は業者が処理施設で適切に処分します。

遺品整理で供養される傾向の物品とは

遺品の中で遺族が保管する物や形見分けする物以外でも、単純に不用品処分するには忍びない物もあり、それらは遺品整理の供養を利用する傾向が見られます。例を挙げると、衣服・人形類・写真やアルバム・趣味のアイテム・仏壇や神棚など。これらは、アイテムすべてを残しておくには量が多いものや、故人の思い出がより深い物といった特徴があります。

葬儀の際、故人の愛用品を棺に入れることがありますが、それとも通じる一種のお別れの儀式となります。

細やかな配慮のある遺品整理業者ガイドを見る>>

 
pagetop
遺品整理を安心して頼める業者ガイド