遺品整理を安心して頼める業者ガイドTOP » 遺品整理業者に依頼できること » 生前整理

生前整理

このページでは、生きているうちに身辺を片付けておく生前整理のメリットや方法などを紹介します。

終活の一環として自分で手配する生前整理とは

生前整理のイメージ生前整理とは生前に遺品整理をすること。生前贈与生前葬なども周知されてきた昨今、自分の死後を想定して準備をしておくことはけして悲観的なことではありません。生前整理といった場合、物品の整理だけなく、遺言書やエンディングノートの作成なども含めた身辺整理全般を指します。

遺品整理との違いはもちろん自分で手配できることですが、それ以外にも相続に関連する無用なトラブルを避けたり、家族の負担を軽減できるといったメリットがあります。

きっかけとしては持ち家を処分して老人ホームに入る時、子供たちが独立して小さい家に引っ越す時など。形見として残したい品を自分で仕分けできますし、引っ越しと合わせて身辺整理をしておけば、終活も身軽にできるというものです。特に高齢者にとって引っ越しは体力的にも負担が大きく、こうしたタイミングで専門業者に依頼すれば、効率的な整理ができます。

生前整理を始める際のポイント

自分で整理できるのが生前整理のメリットですから、着手する時は自分でないと仕分けしにくい物から始めるのがポイント。例えば、アルバムや写真、手紙など個人性の高い物。衣類や装飾品、趣味のグッズ、本など本人以外には価値が計りにくい物も該当します。一方、日用品や家具、家電など亡くなれば明らかに不用品となる物は優先順位を下げてもいいでしょう。

また、不動産や各種資産、保険などの整理では公正証書の手配なども含めて法律の専門家に相談する必要も出てきます。

生前整理と老前整理の違い

身辺整理という意味では老前整理もあります。こちらは死後のためではなく、自分のためにする整理で、体力気力が衰える前に不用品などを処分して、生活を身軽にするというもの。断捨離とも通じるもので、定年後に夫婦二人だけで生活をスタートするタイミングなどで整理するケースが見られます。

老前整理も物品だけでなく資産運用や保険の見直し、健康管理などをトータルで検討する傾向があります。

安心して頼める遺品整理業者ガイドはこちら>>

 
pagetop
遺品整理を安心して頼める業者ガイド