遺品整理を安心して頼める業者ガイドTOP » 遺品整理業者に依頼できること » 不用品回収

不用品回収

このページでは、故人の所有物を片付けるサービスとして、不用品回収と遺品整理とがどう違うかを説明します。

故人の所有物の片付けを不用品回収業者に依頼する場合

不用品回収のイメージ遺品整理というサービスを知らなければ身内が亡くなった時、自分たちで遺品を仕分けして不用品を回収業者に処分してもらうことになります。その際、普通の家庭ゴミとして出せるレベルなら問題ないのですが、粗大ゴミや大量のゴミがある場合、専門業者に処分を依頼する必要があるわけです。

そこで不用品回収業者に依頼した場合にどうなるか、簡単にまとめてみましょう。

不用品回収業者はゴミとしての区別はしてくれますが、遺品としての価値は基本的に考慮しません。任せてしまうとすべて不用品として処分するだけ。思い出の深い品や、記録的意味合いのある物などを残しておくには、不用品回収業者に処分してもらう前に、自分たちで遺品を分別しなくてはなりません。

また、物品の取扱も不用品であるため、どうしても雑になりがち。効率優先で機械的に作業を進めていきます。

逆にいえば、遺品が少量で、自分たちで仕分けができるなら、残った不用品は不用品回収業者に処分を依頼する方が比較的安価に済む傾向があります。

故人の所有物の片付けを遺品整理業者に依頼する場合

遺品整理業者が不用品回収業者と違うのは、遺品として物品を取り扱う点にあります。捨てる物と残す物の仕分けも依頼できますし、たとえ処分する物であっても、作業にあたっては丁寧に扱ってくれます。

そして、もっとも大きな違いが遺品の供養をしてくれること。遺品整理業者では、故人の愛用品などを処分するにあたって、僧侶を呼んで供養をしてくれるサービスも提供しています。基本サービスに含まれるのは合同供養と呼ばれる、複数依頼者ごとの合同での供養ですが、単にゴミを処分するのではなく、故人の思い出の品を供養することで、遺族にとっても心安まることと思います。

このように、遺品整理業者は対応範囲が広く、取り組みも丁寧なのが特徴ですが、単純に不用品処分するよりは費用が高くなります。

遺品整理業者のお役立ち情報をチェック>>

 
pagetop
遺品整理を安心して頼める業者ガイド