遺品整理を安心して頼める業者ガイドTOP » 遺品整理を依頼する前に知っておきたいこと » 作業時間の目安

作業時間の目安

このページでは、作業当日にどの程度の時間がかかるのか、遺品整理の作業時間の目安を紹介します。

間取りなどによって異なる遺品整理の作業時間

遺品整理の作業時間のイメージ遺品整理の当日作業にかかる時間がいうまでもなく、その物品の量にもっとも依存します。物品量をテキストで表現するのは難しいので、間取りによる作業時間目安を紹介しておきましょう。

一般的に、ワンルームの場合で作業時間は約2~3時間2LDK以上になると6~8時間程度かかるのが平均的なところです。また、建物が一戸建てかマンション、アパートなのか、遺品に含まれる物の種類や部屋の状況などによっても作業時間は変動します。

当日の作業は遺品の仕分け梱包搬出そして清掃といったところが主な流れ。ピアノなど大型で特殊な物がある場合、機材や手順が特別でかなり時間がかかります。また、故人が一人暮らしで、ゴミが山積していたり、孤独死した場合も通常より作業の時間がかかりがち。

例えば、ゴミで家中が溢れかえっているような場合、ほとんどは不用品となりますが、その中に印鑑や通帳などが紛れていることがあり、それらをきちんと見分けるためには丁寧な作業が欠かせません。

孤独死した場合なら、状況によっては特殊清掃が必要となります。これは、除菌・脱臭作業で、賃貸物件なら原状回復しなければならず、通常より清掃の時間がかかるわけです。

遺品整理の専門業者に相談すれば、見積もり段階でどの程度の作業時間がかかるかきちんと説明してくれるでしょう。一般的には1日で作業完了しますが、そうでない場合は見積もり時に確認できると思います。

時間が長くなりがちな遺品整理のオプション要素

遺品整理の作業時間が長くなる要素は、料金的にもオプションとなっているケースがほとんど。よくあるケースとしてはエアコンの取外し。これはオプションとしている業者が一般的です。住まいとは別に、物置を整理して解体する場合も別料金となります。

上でも触れましたが、ゴミ屋敷になっていたり、孤独死した住まいだとハウスクリーニングオゾン脱臭といった作業が別途発生します。生前からきちんと手入れがされていなかった状況が長ければ、害虫駆除なども必要となるかもしれません。

こうした基本サービス外の作業が必要な場合は作業時間も長くなる傾向があります。

 
pagetop
遺品整理を安心して頼める業者ガイド