遺品整理を安心して頼める業者ガイドTOP » 遺品整理を依頼する前に知っておきたいこと » 不用品回収業者との違い

不用品回収業者との違い

このページでは、サービス内容などを比較して、遺品整理業者と不用品回収業者との違いを紹介します。

基本スタンスが違う!不用品回収と遺品整理サービス

不用品回収と遺品整理の違いのイメージ遺品整理と不用品回収との違いを整理するにあたっては、まず遺品整理について改めて意味を確認しておく必要があります。

一般的に遺品とは遺産のうち動産を意味し、それを分け合うのが形見分け。その後に残る不用品を処分するのが遺品整理というわけです。

一方、不用品回収は文字通り、家庭で不要となった物品を引き取って、リサイクルに回すか廃棄処分するもの。両者とも不要品を最終的に廃棄するなど共通点はありますが、ポイントは業種としての違いにあります。

不用品回収業者に依頼すると、すべては不用品として粗雑に扱われる傾向があるのに対して、遺品整理業者は遺族をサポートするサービスが主体であるため、作業への取り組み方がかなり違ってくるわけです。

遺品整理業者でも信頼できるところなら、たとえ廃棄が決まっている物品でも現場では丁寧に取り扱ってくれます。問い合わせや見積もりの依頼でも、不用品回収に比べれば親身な対応をしてくれるケースも多いでしょう。

また、不用品回収で大量の物品を搬出する際、不用品回収業者だとどうしても騒々しくなる傾向がありますが、こうした面でも遺品整理業者ならプライバシーに配慮して、近隣にできるだけ知られないような対処をしてくれます。

このように、共通点もある両者であっても、そもそもサービスとしての基本スタンスはまったく違うということを理解しておきましょう。

一見不用品でも不用品回収と遺品整理とでは仕分けが違う

もうひとつ、遺品整理と不用品回収との違いでポイントとなるのが遺品の仕分けです。不用品回収業者は上でも触れたように一律不用品として処理します。

一方、遺品整理の専門業者なら思い出のある物品をある程度考慮して仕分けしてくれます。これも実績のある業者なら培ったノウハウがあり、処分すべき物と取っておくべき物とを仕分けるなど、遺族に寄り添った対応が期待できます。

なお、一見不用品に見えても資産価値のある物品が含まれている場合、その価値を遺族に代わって見分けてくれるかどうかは業者のスキルに依存するので、骨董品などがありそうな場合、専門業者に相談するのがいいでしょう。

 
pagetop
遺品整理を安心して頼める業者ガイド