遺品整理を安心して頼める業者ガイドTOP » 遺品整理を依頼する前に知っておきたいこと » 形見分け・譲渡の仕方

形見分け・譲渡の仕方

このページでは、どんな意味で何が該当するのか、遺品整理の中で形見分けについて説明します。

故人の遺品を縁故者に贈る形見分けとは

遺品整理の形見分けのイメージ形見分けとは、遺族だけでなく生前に故人と親交の深かった人たちに対して、故人が大切にしていた遺品を贈ることを意味します。

昔は形見分けというと着物とされていた時代もあったようで、これは故人の魂が宿っているという考え方があったから。受け取った人も染め直しや仕立て直しをするなどして、何世代にもわたって受け継がれたというわけです。

現代では何を形見分けするか決まり事はありませんが、一般的には故人の身の回り品を贈るケースが多いようです。

形見分けの方法

形見分けをするにあたっては、誰に何を贈るかを整理しておく必要があります。その際、遺言があればそれに従うことになります。

それ以外は贈る相手と故人との関係性に配慮して物品を決めることになりますが、形見分けは相手側が断りにくいものなので、十分に親交のあった人だけに限定するのもマナーといえます。

贈る際は包装しないのも形見分けのマナー。故人の愛用品であっても汚れや傷みが激しい物は避けるのがいいでしょう。なお、高価な物だと贈与税が課される場合もあるので注意しておく必要があります。

形見分けの時期

形見分けを贈るタイミングは葬儀の後で、これは宗教によっても違ってきます。主なところでは以下のケースが挙げられます。

  • 仏式葬儀の場合/四十九日の忌明け
  • 神式葬儀の場合/五十日祭
  • キリスト教葬儀の場合/葬儀から1ヶ月後の追悼ミサや記念会

形見分けを贈る時には故人とその愛用品のエピソードも伝えられるとより思いが伝わります。

相手に喜ばれる物や愛用してもらえる物を贈るのがポイントで、可能であれば事前に受け取ってもらえるかを確認できるといいでしょう。

なお、目上の方に対して形見分けをするのは失礼とされていますが、本人からの希望があった場合は形見分けを贈って差し支えありません。

 
pagetop
遺品整理を安心して頼める業者ガイド