遺品整理を安心して頼める業者ガイド

まずはじめに

遺品整理とは

単なる家財道具の処分と違う、遺品整理による安心感

一般的に遺品とは、故人の遺産の中でも動産を意味します。家財道具や衣類、写真や日記など思い出深いアイテムもあれば、単なる不用品となる物も含まれます。遺品整理はこうした遺品の分別にはじまり梱包・搬出・処分などをしてくれるサービスで、丁寧な仕分けや遺品の供養、搬出した後の部屋の清掃などにも対応してくれます。残された物品をただ処分するのではなく、遺品をきちんと整理することで遺族もより安心できるというわけです。

遺品整理業者の選び方のポイント

遺品整理業者
おすすめ3選

大切な品々だから信頼できる遺品整理業者を選ぶ

遺品整理業者選びで重視すべきは、遺品を大切に取り扱う、料金は相場の範囲、リサイクルや廃棄など物品ごとに適切適法な対処をする、など。これらをクリアしつつ、さらに特筆すべき特徴の持つのが以下の3社です。

ワンズライフ

ワンズライフHP画像

引用元:ワンズライフの公式HP<http://ihinseiri-oneslife.com/>

プロ意識とスキルが高く料金も割安

遺品や遺族に対する配慮や、プロ意識とスキルの高さでおすすめの遺品整理業者。現場へは女性スタッフの派遣をしてくれるので、大切な品々の取り扱いも細やかです。サービス品質が良く、それでいて料金が安めなのも嬉しいところ。

料金の目安:35,000円~260,000円

※基本料金表の間取り別最低価格

ワンズライフの公式HPを見る

クリーンサービスHP画像

引用元:クリーンサービスの公式HP<http://www.shobunya.com/>

クリーンサービス

積み重ねてきた遺品整理の実績が37,000件を超える豊富さ。受付対応は24時間年中無休体制です。

料金の目安:81,000円
~341,720円

※料金事例より

クリーンサービスの
公式HPを見る

ネクストHP画像

引用元:ネクストの公式HP<http://www.ihin-next.com/>

ネクスト

最後まで同じ担当者が対応する専任スタッフ制を採用。合同供養が基本サービスに含まれるのも◎。

料金の目安:35,000円
~250,000円

※基本料金表の間取り別最低価格、条件別料金別途

ネクストの公式HPを見る

遺品整理業者ピックアップ

良心的な遺品整理業者を詳しく調べる

遺品整理業者に
依頼できること

分別や供養、不用品処理などプロによる遺品整理とは

遺品整理業者の対応サービスを以下の4つに分けて、専門業者ならではのノウハウや技術などを紹介しています。荷物を運んで処分するだけのサービスではない部分をしっかり把握しておくと良いでしょう。

遺品整理

遺品整理

整理・片付け・清掃・処分など専門業者による遺品整理の基本サービスについて説明しています。分別に際しての注意点や、遺品の取り扱いの仕方、故人の住まいの原状回復など作業の流れと合わせてイメージしてください。

遺品供養

遺品供養

故人が愛用していた品や大切にしていた品とはいっても、すべてを保管しておくわけにもいかないもの。ここでは仏壇や神棚、写真や衣服などを処分する際に利用したい、僧侶を招いて行う遺品供養を紹介しています。

遺品整理

不用品回収

遺品整理に伴う不用品処分は普段のゴミ出しと違ってまだ使える物なども処分することなります。その際、遺品整理業者はどのような対応をしてくれるのか、単なる不用品処分との違いなども合わせて紹介しています。

遺品整理

生前整理

本人よる終活にも含まれる生前整理。自分で自分の身の回り品などを整理することで遺品整理とどのような違いが生まれるのかを紹介しています。また、生前整理とは別に、老前整理についても触れています。

遺品整理を依頼する前に
知っておきたいこと

遺品整理する前に遺産相続の分割協議をすべし

遺品整理をする前には、すべての相続人の間で遺産相続の協議をまとめておく必要があります。遺言書があるかどうか、相続人すべてと連絡がつくかどうかなど、遺族としては事前にチェックしておくべき点があるのです。

遺品整理会社に
お願いするメリット

遺品整理する場所が遠い、家具や家電など大型物が多量にある、当人でないと仕分けできない物が多い──。こんな場合、遺品整理業者に依頼しなければスムーズに行かないでしょう。

料金相場

遺品整理業者はどんな方法で料金を算出するのか、料金が変動する要素は何かなどを紹介しています。また、料金相場を知るための目安として、間取り別料金を調べてみました。

不用品回収業者
との違い

不用品回収業者はいらない物を処分するのが業務。一方、遺品整理業者は持ち主である本人がいない状況で、遺族に替わって遺品の仕分けから処分や供養などを行うサービス。

遺品整理の流れ

遺品整理業者への問い合わせから契約締結までと、作業当日の流れ、そして事後に業者側で行う作業などをとりまとめてみました。作業は複数日にわたるケースもあります。

作業時間の目安

遺品整理をする空間の広さや物品量、汚損状況などによって作業時間は変動します。数時間で完了する場合もあれば、故人が孤独死した場合は数日間の特殊清掃することもあります。

形見分け・
譲渡の仕方

故人の愛用品など思い出の深い品々を、生前親交の深かった人たちに贈るのが形見分け。これは親族に限ったわけではなく、身の回り品などを贈るケースが一般的になっています。

遺品整理の
体験談まとめ

具体的状況が見えてくる、遺品整理の体験談

核家族化が進んだことで高齢者の孤独死なども増え、遺族にとっても遺品整理が容易でなくなってきた昨今。実際に遺品整理を体験した人たちはどのような部分で苦労をしたのか、どんなことを感じたのか、などを紹介しています。

一緒に暮らす親族の遺品整理

祖父の戦争体験などにまつわる遺品など、遺族世代とは異なる時代を生きた先人たち──。遺品整理ではそうした故人の歴史や思いを遺族が懐かしむきっかけにもなります。

一緒に暮らす家族の遺品整理

母親の着物や宝石などを遺品整理した娘や、父親の遺品を自分と母親とで整理した娘など、親の遺品を子が主体となって遺品整理をした事例。形見分けについても触れています。

遠方に住んでいる親族
の遺品整理

アパートでの孤独死、父母が亡くなった実家、入院の末の他界など故人と遺族が離れて暮らしている状況での遺品整理。業者に依頼すれば迅速対応等のメリットが垣間見えます。

生前の遺品整理

高齢化社会にあっては生前から遺品整理をどうするか、当人を交えて親族で話し合ったりするケースが増えています。できるだけ当人の意志を尊重しようという体験談をご覧ください。

遺品整理を安心して頼める業者リスト

このサイトに掲載している情報はあくまで個人で収集したものです(2016年2月現在)。
詳しい情報については、かならず該当の公式ページをご確認ください。
 
pagetop
遺品整理を安心して頼める業者ガイド